主婦の悩みを解決するブログ - シュフログ
シュフログとは、子育て・育児、旦那や親のこと、家計の節約、自分磨き・勉強などのストレス、悩み、困った!を、先輩主婦の知恵と経験で解決するブログです。
ちかにゃん

ちかにゃん

主婦、時々保育士

生まれ:1966年
住まい:広島県
家族構成:主人、私、息子(25歳)、娘(23歳)、私の両親 

ちかにゃんの平日の基本的なタイムスケジュール

05:00 仕事の日は早めに起床、仕事がない日は6:00ぐらい
06:00 朝食、お弁当づくり、家事
07:00 週に2、3日病院の保育室でパートをしています。その日はこの時間出勤! 08:00 仕事のない日は家事(6人分の洗濯やら部屋の掃除で結構大変)
09:00 休憩、パソコン、スマホの検索など
10:00 買い物、母と散歩、趣味のパン作りなど

12:00 昼食 (お仕事の日は、13:00ごろ帰宅)
13:00 休息時間(お昼寝したり、好きなDVDを見たりしています)
15:30 家事開始、洗濯ものの取り入れ、夕食の準備

18:00 夕食(家族が揃わない夕食です。両親は早く食べ始め、娘、息子、ラストに帰宅する主人までダラダラと夕食が続きます)
21:00 夕食の片付け、お風呂
22:30 癒しの時間(アロマキャンドルや好きな音楽鑑賞、ストレッチなど)
23:00 就寝

ちかにゃんよりご挨拶

ちかにゃんです。きっとシュフログの中では平均年齢をあげていると思われる私ですが(笑)、熟女ならではの魅力を発揮して頑張りたいと思います。

2年前までフルタイムの保育士として、がむしゃらに働いてきましたが、「これでいいのか?私の人生」と思うようになり、仕事を電撃的にやめてしまいました。今は少しだけ働いてはいますが、自由になる時間もたっぷりあって第二の人生を楽しんでいます。

私の好きなことなのですが、まずは広島カープが好きです。いわゆる元祖カープ女子ってとこでしょうか?もちろん球場にも何回も行きますよ。実用的な趣味としてパン作りも大好きです。まだまだ初心者の域ですが、食パンから惣菜パンまでなんとか焼けるようになりました。

あと、韓流ブームが去った今もチャン・グンソクさんが大好きです。グンちゃんが日本にきたら追っかけて遠征もしています。家族には呆れられていますけどねΣΣ(゚д゚lll)

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

ちかにゃんの記事一覧

シュフログのちかにゃんです。主婦の世界では、節約の王道とされているのが「まとめ買い」です。でも、まとめ買いすると本当に食費や消耗品は節約できるのでしょうか?一歩間違えると損をしたり、無駄遣いになるリスクもはらんでいます。 …

シュフログのちかにゃんです。40代の兼業主婦は若い頃とは違い、家事、子育てなどで体も心もすぐにクタクタになってしまいます。今の仕事はツライから新しい仕事を探そうと思っても、なかなかみつからないのが現状です。そこで私が取っ …

ビンゴゲーム

シュフログのちかにゃんです。クリスマスパーティや忘年会などのゲームの定番といえば、ビンゴゲームですね。手軽で誰でもルールを知っているので人気のゲームです。でも、未就学の子供だと数字の意味が理解できなかったりします。そこで …

シュフログのちかにゃんです。年末は、ママ友とのホームパーティに参加する機会も増えると思いますが、悩むのが持ち寄りに何を持っていくかです。そこで今回は、楽しいはずのホームパーティで失敗しないための持ち寄りテクニックの裏ワザ …

タートルネック

シュフログのちかにゃんです。幼い頃、くすぐったくて着れなかったタートルネックですが、今では冬にはかかせないアイテムです。今年はさらにおしゃれに着こなすために、タートルネックに合う髪型にしようと髪を伸ばしているところです。 …

着る毛布

シュフログのちかにゃんです。私は超寒がりなので冬が苦手です。そこで、冬を乗り切るためのニューアイテムとして、ニトリの「着る毛布」を購入してみました。果たして着る毛布で暖房いらずの冬が過ごせるという口コミは本当なのか、レビ …

ミズ菜コマツ菜

シュフログのちかにゃんです。今の時期は水菜がおいしい季節です。そこで今回は我が家で好評の水菜の激ウマおすすめメニューと、父が開発した次世代野菜、水菜と小松菜を合体させた「ミズ菜コマツ菜」について書いてみます。 家族に大好 …

老眼鏡

シュフログのちかにゃんです。秋の夜長どのようにお過ごしですか?私はと言うと、スマホとにらめっこももちろん多いのですが、実はこう見えても(?)読書好きでして、結構、本を読んでいます。今回は最近読んだおすすめの小説と、本を読 …

ルルメディカルドロップ

シュフログのちかにゃんです。私の風邪の引き始めは「のどから来る」タイプですので、薬用のど飴が必需品となっています。でも、薬用のど飴に出会う前は、母が「焼きみかん」を作ってくれていました。これが色々な意味で効くんです。今回 …