主婦の悩みを解決するブログ - シュフログ
シュフログとは、子育て・育児、旦那や親のこと、家計の節約、自分磨き・勉強などのストレス、悩み、困った!を、先輩主婦の知恵と経験で解決するブログです。
ゴミ収集車と子ども

お年賀としてばいこう堂のさぬき和三宝「雪の庭」をお取り寄せしていたので
レビューしたいと思います。
雪の庭

ばいこう堂のさぬき和三宝「雪の庭」とは?

美しい雪の庭を表現
「さぬき和三宝」一般的には「和三盆」と書かれる砂糖ですが
ばいこうこう堂は明治のころから「和三宝」の商標で製造販売されていたそうです。
そして現在も登録商標として登録され「和三宝」を使用されています。
酒絞りの方法を応用して苦心の末にうまれた純日本産の白砂糖は、
砂糖本来の旨み、風味と独特の口解けのよさを持っています。
「雪の庭」はさぬき和三宝を使ったお干菓子です。
購入したのは何かの時に義母から和三宝3つ入りの物を頂いたのがきっかけです。
それまではお干菓子なんてモサモサしておいしくないんでしょ?という印象でした。
でも小さくて可愛いし、よく見たらマカロンカラーで素敵・・・
見た目で引き付けられ、思わずキッチンでひとくちパクリ。
なにこれ?すごくおいしい!!!
上品な甘さはの正体は純日本産の和三盆(ばいこう堂では和三宝)。
すぐにばいこう堂のHPをチェックして、お年賀に配ろうと決めたのでした。

感想:たくさんの季節を見てみたい(食べたい!!)

紅茶のお砂糖にも
お年賀に・・・と書きましたが、記事書きながら飲んでいる紅茶に入れてみました(笑)
とっても美しいお砂糖で、もちろんそのまま食べたら止まらないおいしさ!!
なんだけど、和三宝だよね?砂糖だよね?来客のときとか紅茶に添えたら可愛くない?
突然ひらめき実行してみました。
2つ入れるとほんのり甘い感じです。でも紅茶の渋みも分かるくらい。
「和三宝」自体が上品な甘さなので私はやっぱりそのまま食べる方が好きです。
紅茶に隠れてしまうなんてもったいない気がしちゃいます。私はもうしません。
でも紅茶もアリですよ(どっちなんだ・・・)
もし甘いの苦手な方は紅茶に入れる方法で堪能してくださいね♪
さぬき和三宝「雪の庭」は冬の庭をイメージした美しいお菓子でお年賀にしましたが、
2月はバレンタイン、3月はひな祭り、と
季節によって色んな形の「和三宝」が登場します。
見た目でも工夫を凝らして楽しめるって和菓子の風流を感じますね。ああ素敵。
賞味期限は365日です。保存にも困らないので本当におすすめです。
機会があれば食べてみてくださいね。
(執筆:ちさ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

シュフログ編集部
シュフログ編集部 シュフログ編集部

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。