主婦の悩みを解決するブログ - シュフログ
シュフログとは、子育て・育児、旦那や親のこと、家計の節約、自分磨き・勉強などのストレス、悩み、困った!を、先輩主婦の知恵と経験で解決するブログです。

無印良品の「いちごのブールドネージュ」を、春らしいピンク色に惹かれて買いました。
見た目の可愛さだけでなく、味も食感も気に入ったので、レビューしたいと思います。
いちごのブールドネージュ外見

無印良品「いちごのブールドネージュ」を購入した理由

今や海外にも通じるブランド名になった無印良品。
ブランド全盛時代に「ノーブランドだが、シンプルな良品を安価で提供する」
という姿勢で登場した時と、本質は変わっていないと思います。
いつ頃からお菓子が出始めたか覚えていませんが、他商品と同様、
品質と価格のバランスが良い商品が多いのではないでしょうか。
「いちごのブールドネージュ」は、以前からあったのかも知れませんが、
私は、今年初めてお目にかかりました。
いちごがつかない「ブールドネージュ」は、以前から好きで、時々購入していました。
フランス語で「白い雪の玉」という意味で、お菓子を作る方なら、
英語名称「スノーボール」の方が馴染み深いかも知れません。
私も、以前「スノーボール」でレシピ検索をした覚えがあります。
我が家の近所のコンビニ、ファミリーマートには、無印良品コーナーがあるので、
立ち寄る度に「何かないかな?」と棚を覗いています。
今回は、ふっと目に飛び込んできた春らしいピンク色に惹かれ、
「あ、これ、新しい味?」という感覚で、思わず手に取っていました。

感想:いちごのピンク色が春らしく、甘さと酸味のバランスが良いと思います

いちごのブールドネージュ中身
おやつに、ハーブティーと一緒にいただきました。
お皿に乗せると、春を感じさせるピンク色が映えます。
春の花代表、桜のピンクを生かしたお菓子も綺麗だな~と思いますが、
いちごの旬も春。この時季には、様々ないちご菓子が登場しますね。
フルーツとお菓子は相性が良いけれど、
組合せや加工方法によるのか、残念ながら美味しく感じられないものもあります。
いちご味は、素材そのものを使っていなくても、たいてい美味しい。
あまり失敗のない、応用範囲が広いフルーツだと思います。
いちごのブールドネージュは、いちご大福や丸ごといちごチョコのように、
いちご一個を丸々使っているわけではなく、
アーモンド粒入りのさくさくっとした丸いクッキーに、
フリーズドライいちごと粉糖をあわせた、いちご風味パウダーがかかっています。
生いちごの甘酸っぱい香りはありませんが、
ブールドネージュの甘めの粉糖に、いちごの酸味がほど良く効いています。
甘すぎるお菓子はちょっと・・・という方にも、お薦めできる感じです。
一口大で食感も軽いので、いくらでも食べられそう。
ただ、一袋80グラムと容量少なめで、一個のボリュームもないので、
大人数のホームパーティーとか、量が必要な場には向かないかも知れません。
あと、水分なしでいただくには、ちょっと粉っぽいので、
何か飲み物と一緒の方が、より美味しくいただけると思います。
ブールドネージュは作れても、いちごパウダーを自作するのは難しそうだし、
いちご味が恋しくなったら、また買いたいな。
問題は、春だけの限定商品かも知れず、いつまで置いてあるかわからないことだけど、
それはそれで「春だけのお楽しみ商品」になるかも!?
(執筆:ようこ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

シュフログ編集部
シュフログ編集部 シュフログ編集部

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。