主婦の悩みを解決するブログ - シュフログ
シュフログとは、子育て・育児、旦那や親のこと、家計の節約、自分磨き・勉強などのストレス、悩み、困った!を、先輩主婦の知恵と経験で解決するブログです。

シュフログ・本音レビュー担当かずみです。厳選した材料を、水も熱も加えずに発酵・熟成させたペースト状の植物発酵食品「万田酵素プラス温(万田発酵株式会社)」を購入したので本音でレビューしてみます。

万田酵素プラス温外観

万田酵素プラス温を購入しようと思った理由

食生活から健康改善を目指す方へとあり、53種類もの植物性原材料に生姜をプラスしたというのが、女性の身体にとても良さそうだと思えたからです。

ホームページには製造過程が載せられていて、原材料を3年3か月以上かけて発酵熟成させているということでした。その上、発酵・熟成過程で熱も水も加えない常温発酵にこだわっているとあり、こんなに手間ひまかけて丁寧に作られたものならとても身体に良さそうだと思いました。

原材料は因島の自社農園栽培のものなど、53種類もの植物性原材料などに生姜もプラスしているとありました。植物の写真なども掲載されていて、こんなに多くの種類のものが1度に摂れるなんてとても貴重なものに思えました。

そして約8日分が無料で試せるというのも魅力的でした。初めてで何日分も1度に購入するのは抵抗がありますが、無料なら私もとりあえず試してみたいと思ったので、注文してみました。それでは、さっそく「万田酵素プラス温」を購入した感想を本音でレビューしていきます。

注文→商品到着→梱包状態:星35個3.5

万田酵素プラス温外箱
万田酵素プラス温伝票

月曜日の午前中に注文して木曜日にゆうメールで届きました。白地にオレンジの、厚さが2cm弱のしっかりとした箱で、表面にはゆうメールの伝票が貼られていました。万田発酵株式会社のロゴが大きくプリントされていて、どこから届いたのかすぐにわかりました。

とても目立つ箱で、大きく会社名が書かれていたので、もう少し控えめな感じだといいのにと思いました。

同梱物の充実度:星4個4.0

万田酵素プラス温同封物1
万田酵素プラス温同封物2
左上から、

  1. あいさつ文
  2. 上手な食べ方
  3. 万田酵素プラス温を続けるための秘訣等がかかれたもの
  4. 東ちづるさんインタビュー
  5. パンフレット
  6. 万田酵素プラス温
  7. ご注文ハガキ兼FAX用紙
  8. いきいき夢通信
  9. 万田酵素商品ガイド
  10. 万田農場産品ガイド
  11. 発酵についての説明
  12. 定期便ご利用ガイド

万田酵素プラス温パンフレット

パンフレットは30ページからなる冊子です。万田酵素の歴史や原材料などについて詳しく書かれていました。

同封物はとても多く、パンフレットもページ数が多いです。とても詳しい説明がなされていて理解が深まりました。

パッケージデザイン:星5個5.0

万田酵素プラス温手に持つ
オレンジと白をベースにして、万田酵素と大きく書かれたチャック付の袋に8包入っています。それぞれの包も白をベースに万田酵素とオレンジ色で大きく書かれたもので、他とは間違えようのないわかりやすいデザインです。

1度に食べきれる量が個包装になっているので、清潔感があります。1包は小さなものですが、目立つ色なのでわかりやすく扱いやすいように思いました。

製造、品質、安全性のこだわり度:星5個5.0

因島の自社農園と全国各地から厳選した果物や野菜が使用されていて、3年3カ月以上もの年月をかけて熱も水も加えずに自然に発酵・熟成させているというところにこだわりが感じられます。

添加物や防腐剤は一切使わず、手間ひまかけているというのも、効率を求めるのではなく安全性にこだわり、自然の力を利用しているというのだということが理解できました。

皮や種まで丸ごと使ってその栄養を余さず活かし、ゴミを排出しないというのにもすごい技術が使われているのだなと感心しました。

原材料、成分:星35個3.5

万田酵素プラス温原材料

糖類(黒糖、果糖、ブドウ糖)、大粒果実(リンゴ、カキ、バナナ、パインアップル)、穀類(白米、玄米、もち米、アワ、大麦、キビ、トウモロコシ)、かんきつ類(ミカン、ハッサク、ネーブルオレンジ、イヨカン、レモン、夏ミカン、カボス、キンカン、ザボン、ポンカン、ユズ)、豆・ゴマ類(大豆、黒ゴマ、白ゴマ、黒豆)、 根菜類(ショウガ、ニンジン、ニンニク、ゴボウ、ユリ根、レンコン)、小粒果実(ブドウ、アケビ、イチジク、マタタビ、山ブドウ、山桃、イチゴ、ウメ)、海藻類(ヒジキ、ワカメ、ノリ、青ノリ、コンブ)、その他(ハチミツ、クルミ、澱粉、キュウリ、セロリ、シソ)

54種類の原材料からできています。果実などは皮や種も丸ごと使用しているので、その分栄養価も高いと思われます。また生姜を加えることで身体を温める効果も期待できます。

因島の自社農園の作物や契約農家で栽培された原材料を使用していてとても良いものが使われていそうですが、原材料の産地が公表されていないこと、またパンフレットで「国産のものを中心に」原材料を選定していると書かれている点に少し不安を覚えました。

良質な原材料が使われているようですが、質問回答によると産地が公表されておらず、少し不安が残りました。

味、ニオイ、飲みやすさ:星1個1.0

万田酵素プラス温中身
万田酵素プラス温中身アップ
個包装の袋を開けたとたんに酸っぱいニオイが強く鼻をつきます。甘くて酸っぱい味をまず感じ、その後に薬のような漢方のような独特の味とニオイを感じました。見た目はソースのようでなめらかですが、口の中に入れると少しザラッとした細かい粉っぽいような感じもありました。

そのままでは1包食べることができず、ヨーグルトに混ぜてみたところ、酸味がヨーグルトと合うようで、食べることができました。おいしいとは言いきれませんが、これなら食べられるかもしれないと思いました。続けるにはその味に慣れて、自分に合う食べ方を見つけることがポイントかもしれません。

そのままでは食べきることができず、ニオイも味も食感も私は苦手でした。

コスパ:星2個2.0

今回は無料のお試しセットでしたが、通常は2.5g30包入りが6,480円です。1包216円で、製造過程や原材料のこだわりなどを知るとそのくらいの価値があるようにも思えるのですが、毎日続けるには高いと感じます。

無料で試せたのはよかったのですが、毎日続けていくには高いように思いました。

販売元「万田発酵株式会社」に聞きにくいことを聞いてみました。

酵素は胃でアミノ酸に分解されてしまうと聞いたのですがどうなのでしょうか?

万田発酵

酵素を物質として考えますと、タンパク質になりますので人間の体内で消化されます。

通常、胃の中にある胃酸で酵素は変性を起こして失活し、さらに分子量が5000以下の物質でないと腸管から吸収されない事実から、分子量が10000以上の酵素は吸収されないと考えられています。

万田酵素プラス温は消化酵素が摂れるサプリでしょうか?

万田発酵

万田酵素は、発酵菌(微生物)の持つ酵素の働きによる植物発酵食品であり、その製造過程(発酵の段階)で発酵菌が増殖し、熟成の段階では徐々に菌の数は減少していきます。

万田酵素はこの発酵と熟成を繰り返して完成します。万田酵素は、菌や消化酵素そのものの存在ではなく、発酵によってできる様々な有用物質(発酵による代謝産物とか生理活性物質と表現されます)に期待を寄せるものとして、ご案内をさせて頂いております。

原材料の産地は公表されていますか?

万田発酵

原材料の産地については製造ノウハウに関わるため、大変申し訳ございませんが非開示とさせていただいております。

放射性物質、残留農薬、飛散農薬の検査は行われていますか?

万田発酵

原材料仕入れ時に、農薬を使用して栽培した作物に関しては、栽培履歴(農薬の種類、散布量、回数)もしくは、残留農薬の検査成績書の提出を求めています。また、最終製品に関しても、定期的に残留農薬の分析を実施しております。

放射能についても検査基準を設け、弊社品質管理室では、NaIシンチレーションスペクトロメーターという放射性セシウム(セシウム134及びセシウム137)と放射性ヨウ素(ヨウ素131)を検出できる機器で定期的に測定を実施し、記録に残しております。

必要に応じて外部検査機関に検査を依頼し、より検出限界値の低い機器による分析も実施しております。これまでの結果は、いずれも「検出せず」であることを確認しております。

現在のところ、万田酵素及び万田酵素に使用している原材料について検出限界値を超えるものは無いことを確認しております。

体内に吸収されやすい工夫は何か施してありますか?

万田発酵

腸管からの吸収について、成分の分子量もありドリンクの方が上回ると断言することはできないと思います。カルシウムの例で、牛乳よりもヨーグルトやチーズの方がカルシウムの吸収性に優れているとお聞きします。

発酵と関連付いた食品の方が吸収性に富んでいたり、発酵食品が人の腸の働きを高めるという考え方もございます。

結局のところ万田酵素プラス温って何がそんなに良いのですか?

万田発酵

万田酵素及び万田酵素プラス温のPR項目を記載させていただきます。

・原材料は通常食用とされる植物で、その皮も種も実も丸ごと使用しています。

・一般の発酵食品は単体発酵ですが、万田酵素は複数の原材料の組合せ発酵(複合発酵)です。

・ショウガは、単体での発酵が難しいとされ、通常はお味噌やお酢に漬ける方法がございます。万田酵素プラス温に追加原料として使用しているショウガは、仕込みの段階から使用することで、発酵のランクを向上していると考えられます。

・発酵のランクは風味やまろやかさの違いで表現されますが、発酵食品の機能性としての評価や様々な力として期待が寄せられます。

ありがとうございました。

サポート対応・会社の信頼性:星5個5.0

メールで質問したところ、約8時間後に丁寧な回答があり、素早い対応がなされているなと感じました。パンフレット裏面、最後のページには「どんなことでもお気軽にお電話ください」と書かれ、気軽に相談などしやすいような雰囲気があると思いました。

ホームページにはお客様満足室、プライバシーポリシーも詳しく載せられていて、この会社なら信頼できそうだと思いました。

総評:独特の味と強烈なニオイで、毎日飲み続けるのはキツイ

満足度B-
万田発酵株式会社の万田酵素プラス温は、厳選した果物や野菜を使用し、それらが持つ力を最大限に活かすため、丸ごと発酵させ、時間と手間をかけて作られた健康食品です。

原材料には因島の自社農園と全国各地から厳選した果物や野菜が54種類も使用されています。果実などは皮や種も丸ごと使用していて、栄養価が高そうだと期待できました。また生姜をプラスすることで身体を温める効果もあり、女性にとってうれしい酵素だと感じました。

ですが、初めて食べようと袋を開封した時、そのニオイの強烈さに驚きました。ニオイも味も食感も私は苦手でした。そのままでは食べられず、ヨーグルトに混ぜてようやく食べられたのですが、どれほど身体にとって良いとはわかっていても、これを毎日続けるのは厳しいと感じました。

そして、原材料は厳選された良いものであると説明がありましたが、産地が公表されておらず、パンフレットに「国産のものを中心に」原材料を選定しているとあり、どこの国のものか疑問でした。また、商品を購入する場合、1包は約216円で、毎日続けるには高いと感じました。

毎日摂り続けると身体に良さそうだと期待はできたのですが、味とニオイが強烈で1包食べるだけでもかなり苦戦しました。もう少し食べやすいものでなければわざわざ購入してまで続ける気にはなれないと思ったので私はリピすることはありません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

かずみ
かずみ

1972年生まれ、大阪府大阪市在住。化粧品全般に興味があります!

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。