主婦の悩みを解決するブログ - シュフログ
シュフログとは、子育て・育児、旦那や親のこと、家計の節約、自分磨き・勉強などのストレス、悩み、困った!を、先輩主婦の知恵と経験で解決するブログです。

以前から使ってみたかった、パラダイスプラン「宮古島の雪塩」を購入しました。
にがりの成分を残した味わい深い塩で、その名のとおり雪のように美しいので、
ご紹介したいと思います。
宮古島の雪塩外見

パラダイスプラン「宮古島の雪塩」を購入した理由

贅沢をするつもりはありませんが、生で口に入れるものには少々こだわりがあります。
特に、果物、野菜、調味料は、自分が納得できるものを選んで買っています。
調味料で一番良く使うのは塩で、3種類を使い分けています。
とはいえ、基本的に薄味好みなので、一度に大量に使うわけではありません。
種類が多すぎても使いこなせないので、一つなくなったら一つ買います。
主に付け塩に使っていた、フランス土産の塩を使い終えた時、
たまたま、宅配利用しているパルシステムのカタログに雪塩が載っていました。
宮古島で作られていて、パウダー状で、雪のような塩。
粒子が細かいなら、付け塩にも良さそうだけど、どんな食感なのだろう?
120gで630円は、一般家庭の普段遣い調味料としては高値でしょう。
でも、料理にがんがん使うつもりはないし、タイミングも良かったので、
一度購入してみることにしました。

感想:見た目に美しく、なめらかな食感の、味わい深い塩です

宮古島の雪塩中身
細かいパウダー状で、雪のようだから雪塩なのだと頭では理解していましたが、
実際に目にすると、塩というより粉砂糖のようです。
雪塩という商品名にふさわしい、美しい粉末だなあと思いました。
指につけて舐めてみると、かなり深みのある塩味です。
食感はなめらかで溶けやすく、かすかに甘味も感じられます。
味わい深さの秘密は、海水の成分を残す製法にあるようで、
通常の製塩法では取り除かれる「にがり」の成分まで含まれているのが特徴。
ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウムほか、
18種類もの成分が含まれています。
少量でも、蒸し野菜や生野菜の味を引き立ててくれました。
見た目にも美しいので、お皿に盛ると、食卓も華やかになるような。
浸透しやすいので、下味付けにも良いようです。
まだ作っていないのですが、一番のお薦めは「塩むすび」だそう。
シンプル料理ほど、塩そのものの味がわかりやすいからでしょう。
今のところ、料理にしか使っていませんが、
マッサージソルト、バスソルト、歯磨き粉としても使えるようです。
大量に使うのは、お値段を考えると抵抗感がありますが、
歯磨きぐらいは試してみようかな?
(執筆:ようこ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

シュフログ編集部
シュフログ編集部 シュフログ編集部

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。