主婦の悩みを解決するブログ - シュフログ
シュフログとは、子育て・育児、旦那や親のこと、家計の節約、自分磨き・勉強などのストレス、悩み、困った!を、先輩主婦の知恵と経験で解決するブログです。

旅先の奈良で、吉田蚊帳「ならまちふきん本麻タオル」を買いました。
天然素材で肌にやさしく、柔らかすぎないので「洗った!」という満足感があり、
乾きも早く、入浴時の力強い味方になってくれているので、ご紹介します。
ならまちふきん本麻タオル外見

吉田蚊帳「ならまちふきん本麻タオル」を購入した理由

4月上旬、友人の結婚式に出席するため奈良へ行くことになり、
旅好きなもので、これを機会に2泊3日の一人旅をしてきました。
国宝や重要文化財だらけのエリアなので、見所は満載なのですが。
のんびりしたかったので、あまり欲張らずに好きなお寺を見学し、公園でシカを眺め、
素敵な佇まいの家屋が残る、奈良町近辺をぶらぶら歩いて一人ランチ。
そういえば、以前、友人と一緒にこのあたりを歩いた時、
リーズナブルな蚊帳ふきんをお土産用にまとめ買いしたお店があったなあ・・・。
急に思い出し、お店でもらった奈良町地図を確認して、吉田蚊帳へ足を運びました。
悪天候のせいか人通りは少なかったのに、店内には何組もの女性グループがいて、
同僚や仲間へのお土産でしょうか、かごに一杯買い物をしている人も。
我が家は、お土産を配らねばならない環境にもなく、ふきんも足りています。
でも、せっかく来たのだし、何か自分用に欲しいな~と店内を見渡し、
「ならまちふきん本麻タオル」を見つけました。
本麻蚊帳生地100%のボディタオルで、ややゴワゴワした手触りです。
これは良いかも!!
ここしばらく、手拭いで身体を洗っていたのですが、生地が柔らかすぎて、
どうも「洗った!」という満足感がなく。
お風呂で身体をゴシゴシこすりすぎるのは、肌に良くないけれど、
もう少し「しっかり垢を落とした感が欲しいな」と感じていたのです。
1200円というお値段は、普段使いのボディタオルにはやや高いと思いましたが、
他にお土産を買う予定もないし、試しに一枚買ってみました。

感想:半身浴後の垢落としにピッタリの肌触りで、満足感が得られました

ならまちふきん本麻タオル中身
糊が落とされた状態で売られていたので、すぐに使えました。
濡らした状態では思ったより柔らかかったのですが、手拭いよりも硬い肌触りで、
「しっかり肌をこすれて」「しっかり垢を落とせた」気がしました。
その結果、肌が傷つくことも、かゆくなることもなかったので、大満足!
たかがボディタオルといっても、自分の肌にあう一枚を見つけるのは、結構骨が折れます。
年齢や肌質、どういう触感が好みか、入浴方法によっても違ってくるでしょう。
子供の頃使っていたナイロンタオルは、ゴシゴシ洗えて気持ちが良かったけれど、
30歳を過ぎた頃から、肌が赤くなったり、薄い傷が残るようになりました。
化学繊維が全部ダメなわけではないのですが、場合によってはかゆくなるので、
現在、下着は天然素材のものを身につけています。
綿100%の手拭い使用は、別に悪くはなかったのですが、現在の私の入浴方法だと、
なんとなく物足りない感じでした。
半身浴をするため、かなり長い時間、浴槽につかっています。
肌から出た垢が、手で軽くこすっただけでもポロポロはがれます。
半端にはがれた垢を、タオルでこすり落としたいわけです。
手拭いだと、肌触りが柔らかすぎて、今ひとつすっきりしませんでした。
本麻タオルには適度なシャリ感があり、「しっかり洗えた」という満足感が得られました。
ちょっと面倒なのは、ガーゼのように隙間のある生地なので、よくゆすがないと、
垢汚れがひっかかったままになりそうな点です。
でも、渇きが早いせいか、湿った布のヘンな匂いが残ることはありません。
天然素材は肌にやさしいとはいえ、草木にかぶれる人もいるし、
万人向けではないかも知れませんが。
私の肌と麻との相性は、どうやらとても良いようです。
毎日使って半月経ちますが、今のところ、かゆみもなく、肌もつるつるで快調です。
今回は奈良の本店で買いましたが、吉田蚊帳にはネットショップもあります。
このタオルも商品一覧に載っているので、2枚目が欲しくなったらすぐ頼めます。
ご紹介したタオルはオリーブグリーンですが、他のカラーもあり、どれも綺麗です。
次回は何色を選ぼうかな?
(執筆:ようこ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

シュフログ編集部
シュフログ編集部 シュフログ編集部

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。