主婦の悩みを解決するブログ - シュフログ
シュフログとは、子育て・育児、旦那や親のこと、家計の節約、自分磨き・勉強などのストレス、悩み、困った!を、先輩主婦の知恵と経験で解決するブログです。

寿がきや「手羽先のたれ」は名古屋グルメで有名な、あの甘辛味の手羽先を簡単に家庭で作ることができるたれです。大人も子供もおいしく食べられ、また食べたいなと思えるこのたれを紹介します。
手羽先のたれ

寿がきや「手羽先のたれ」を購入した理由

寿がきや「手羽先のたれ」は手羽先を家庭で簡単においしく調理できるたれです。手羽先をフライパンで焼いたあとにたれをからめ、スパイスをお好みでかけるだけで出来上がります。
鶏の手羽先、おいしいですよね。うちは子供も大人も大好きです。そして時々スーパーで特売されていることがあるので、まとめ買いしたくなるのですが、私には味付けが難しいのです。塩胡椒だけでは物足りなく、甘辛味にするにしてもいつも調味料の割合が思うようにいきませんでした。
名古屋に住む友達に会ったときに教えてもらったのが、この「手羽先のたれ」。彼女の子供達も手羽先が大好きで、お店で売っているような甘辛い味付けで食べているとのこと。家で作るときにはどうやって味付けしているのか尋ねたところ、このたれを教えてくれたのです。さっそく私も購入してみました。

感想:濃い目の甘辛味がビールにもご飯にもピッタリ!

手羽先のたれ使用
家族がそろっている日に作り、大皿に盛ってドンと食卓に出したのですが、次々に手がのびてきて、骨だらけになっていきました。とにかく後引く甘辛味がおいしくて、ビールもご飯もすすんでしまいます。
1人前5本分ずつのたれが3袋入っているのですが、家族の分をまとめて作りたかったので、一度にやってみました。フライパン一つには入りきらず、二つで同時に調理。少し手羽先を焼くのに時間がかかりますが、ここでじっく焼けば皮がパリッとしておいしく仕上がります。
手羽先が焼きあがり、たれをフライパンに入れたとたん、フワッといい香りがただよってきて食欲をそそられます。誰もが好むような甘辛味が濃い目でしっかりついていました。スパイスは大人だけ食べるときに少しつけてみましたが、ピリッと辛味があってお店で食べているような味です。こういうのは家で用意するのは難しいなと感じました。
最近は名古屋グルメがブームになったこともあり、手羽先を売るお店もよくみかけますが、家族分なのでたくさん買わないといけないんですよね。でもこのたれを使えば、家でも簡単にあの味が食べられる、と思うとうれしい!また無性に食べたくなる、やみつきになりそうな味でした。
(執筆:かずみ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

シュフログ編集部
シュフログ編集部 シュフログ編集部

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。