とんねるずがテレビに出なくなった理由7選!干されたのか?

とんねるずがテレビに出なくなった理由を知りたい?

今から3年前、TBS「情熱大陸」に出演したとんねるずの石橋貴明は、テレビに出なくなった自らの状況をこう語っていた。

やっぱり「みなさんのおかげです」っていうのは、人生のほとんどを懸けていたぐらいの番組でしたし、それが終わってしまって、精神的にもあまりよくなかったです。その後テレビの仕事も少なくなってきてしまって、本当に戦力外通告だなと。やりたくてもできないっていうのは、ちょっとどうしようもない。

……といったように、テレビは好きだと語る石橋貴明。

それなのになぜ、とんねるずはテレビから干されてしまったのか。なぜ、テレビの仕事をやりたくてもできないのか——。

調査したところ、テレビに出ない7つの理由が浮かび上がったので紹介したい。

貴ちゃんねるず – YouTube
木梨憲武 / Noritake Kinashi(@noritakekinashi_official)

とんねるずがテレビに出なくなった7つの理由

今回、テレビが大好きな男女25名に「とんねるずがテレビに出なくなった理由」を考察してもらった。整理したところ、次の7つの理由に分けられた。

  1. パワハラじみた芸風が時代に合わないから
  2. ギャラが高いから
  3. コンビとしての方向性に違いが出たから
  4. 若手のお笑いコンビのほうが人気だから
  5. 単純に面白くないから
  6. 金銭的に余裕だから
  7. 積年の恨みから

ひとつずつ、具体的な見解を紹介していこう。

理由1:パワハラじみた古い芸風が時代に合わないから

レギュラー番組で、パワハラ気味だったり、ちょっとした発言が放送コードギリギリだったり、高額のものをむりやり買わせたり、今の時代にあってないものでクレームも多かったのだと思います。

コンプライアンスに準ずる番組なら面白い番組も作れない。というとんねるずさんの気持ちもあったのではないでしょうか。(51歳女性)

本人たちがいつまでも芸風をアップデートできず、90年代のノリを続け時代に合わなくなってしまい、番組も低迷し終わってしまったのだと思います。(22歳男性)

何年か前に後輩の家にノンアポで乗り込んで部屋に無断で落書きしたり汚したり、奥さんに抱きついたりしてスタッフ一同とゲラゲラ笑ってたり、嫌がる後輩に無理やり高級なものを買わせたりしていてまだこんなことやってるんだとあきれた記憶があります。

要するに時代の流れをまったく汲み取れず、また自分たち自身が若くはなく周りには年下のイエスマンだらけになってしまっているのに、いつまでも昔の感覚のままでいることが問題なのだと思います。

そういう彼らの本質は現代の日本人の感覚からは大きくズレてしまっているのでもはや需要がなくなったのだと思います。(43歳男性)

とんねるずの芸風は昔から素人や芸人問わず、とにかくいじり倒していた印象があるのですが、今のテレビのコンプライアンスだとイジメに近いなどと判断されてできなくなったのだと思います。2人は頑固な印象もあるので、芸風の変更を承諾しなかったのが原因ではないかと思います。(38歳男性)

やり取りや会話での言葉遣いが、芸能界の上下関係やベテランの威圧感を感じる(33歳女性)

フジテレビ系列のレギュラーが消えた事により他の局なども足並みを揃えるように時代に合わない発言や演出が目立つとんねるずの起用を減らしたように思います。(34歳男性)

とんねるずの持ち味は本人たちの成り上がり精神から来るガツガツした雰囲気や、芸能界のならわしや人間関係などを成功者として見せつけるバブリーな空気感だったと思います。しかしそうした価値観が現代の視聴者とはズレてきていて、ニーズに合わなくなったのではないでしょうか。(35歳男性)

とんねるずが話す内容がいまいち理解できなかったり、出演するタレントたちのアクの強さ(下品さ)が、今の若い視聴者たちからノーを突き付けられたのだと思います。(45歳男性)

理由2:ギャラが高いから

出演料は過去の実績が評価されるため、90年代00年代とゴールデンタイムで活躍し続けたとんねるずのギャラは、かなりの高額だとされています。一方のテレビ業界は、youtubeなどに押される形で、年々スポンサー収入は落ち込んでおり、苦しい台所事情と高額なギャラの割にコスパの悪い視聴率のため、とんねるずを使いづらいという側面があるように思います。(51歳男性)

一度の出演料に1000万以上のギャラを支払わないとブッキングできないという噂があるので、もしそれが本当の話だとすれば、時代的にもレギュラー番組がなくなって当然だと思います。(45歳女性)

コンビのレギュラー番組だとギャラが高くなるので今のテレビ業界では予算的に厳しいのではないかと思いました(43歳女性)

理由3:コンビとしての方向性に違いが出たから

二人とも今まで十分に稼いでいてお金に余裕があり、元々の芸風を考えると最近のテレビという制約が一層厳しくなっている中でバラエティをやろうと思っていないのではないかと思う。それぞれ自身の好きなことを地上波テレビ以外のところで楽しんでいるのだと推測される。(46歳女性)

憶測ですが、「おかげでした」などが終了した後もいくつかはレギュラーのオファーはあったのではないかと思います。ところが、それを蹴って木梨さんは絵画などの美術へ、石橋さんはユーチューブ(特に好きな野球)へと、お互いのやりたい道に進んだ結果、もうレギュラー番組はもたなくて良いとお二人で暗黙の了解かもしれませんが、決断したのだと思います。(40歳男性)

一言で言えば両者ともに変化したからかなって思います。木梨なら俳優業に。石橋はテレビではなくAbemaTVなどのテレビ以外のメディアへ活躍の場がかわりました。そしてテレビにこだわることもなくなり、今に至るのかと。(50歳男性)

理由4:若手のお笑いコンビのほうが人気だから

視聴者の年齢も変わって、60代のとんねるずさんよりも年齢が若く活発だったり、面白いタレントさんや芸人さんの人気が上がったと思います(27歳女性)

木梨さんが歌番組でソロで参加したりと、2人揃っての活動が徐々に減っていき、またそれと共に新しい若手コンビがどんどん活躍してきていて(サンドウィッチマン、バナナマンなど)自然な活躍の場が減ってきてしまったように感じます。(28歳女性)

今の若い子は、とんねるずのことを知らない人が多いと思います。今の時代のお笑いも昔の時代のお笑いの流行りが変わったのかなと思います。(29歳女性)

理由5:単純に面白くないから

お笑いの取り方といいますか、芸風と言いますかとにかく古くて面白くない。相手をけなしてお笑いを取っているような気がしてならない。(61歳男性)

昔、食わず嫌い?とかとんねるずの番組を観てましたが、あまり面白く無いなと思っていました。なんかカッコつけてるだけで、爆笑できることが起こらない。(29歳女性)

理由6:金銭的に余裕だから

みなさんのおかけでしたは出演料以外にも入ってきてそうですし、メジャーリーグ2も儲かってそうですので、余裕なのかなと思います。(40歳男性)

理由7:積年の恨みから

人気絶頂やりたい放題であった頃にADだったスタッフが現在、番組制作の要職についていることから、当時の恨みの様なものから干されたのが要因のひとつではないでしょうか。(53歳男性)

とんねるずがテレビに出なくなった理由まとめ

ということで、今回は「とんねるずがテレビに出なくなった理由」を調査してみた。とんねるずがテレビに出なくなった理由は次の7つ。

  1. パワハラじみた芸風が時代に合わないから
  2. ギャラが高いから
  3. コンビとしての方向性に違いが出たから
  4. 若手のお笑いコンビのほうが人気だから
  5. 単純に面白くないから
  6. 金銭的に余裕だから
  7. 積年の恨みから

私個人的には「コンビとしての方向性に違い」が大きいかなと感じている。

そんなとんねるずだが、石橋貴明はABEMAの「石橋貴明プレミアム」で、かつての地上波テレビを彷彿とさせる番組をやっている。

出演者も毎回豪華なのでチェックしてみてほしい。

>>石橋貴明プレミアムを見てみる

この記事へのコメント一覧

  1. まあ、現代お笑いの元祖はとんねるずだから。
    海外で納税するなり、最初から秋元康の勧めで事務所自分たちで構えたり‥‥‥、
    ハッキリ言って全盛期のとんねるずはたけしを遥かに超える収入です。
    だから‥‥‥‥、ねたみ、ひがみ。‥‥かなぁ
    まあ、歌や‥ゆうにゃん、紅鯨団など、
    全盛期のとんねるずにはダウンタウンも全然勝てません。ビジュアル的にも☝
    ただ、人間関係的にもお笑いとしての実力的にもダウンタウンが生き残りました。
    とんねるずはプライドが高く、ダウンタウンはギャラ下げてでもテレビに出る!!
    ‥‥‥んな感じです

    返信する
    2件の返信を表示
    • さん
      好きなのはひとそれぞれですが
      調子に乗ってるだけで何一つ面白くないのがとんねるずですね

      返信する
      1件の返信を表示
      • さん
        調子にはみんな乗ってると思います。
        そりゃ乗っちゃうでしょ大金手に入れた芸能人は。
        笑える人は腹抱えて笑える。

        返信する
        0件の返信
    • さん
      流石にTNはお笑いのカリスマでしたね。
      人間関係・実力差はわかりませんが、自身たちが社長と大手企業の社員の違いもありますね。西の方は会社員として色々守られています。

      返信する
      0件の返信
  2. とんねるず&藤井フミヤ大好き 2023年8月19日 07:40

    とんねるずのファンです。
    まぁ、現在とんねるずの二人は
    事務所は別々になってしまいましたからね。

    石橋はアライバル(とんねるずの事務所)に残り
    木梨は木梨コッカと言う事務所を設立。
    アライバルでは石橋が社長、木梨が副社長でした。

    木梨がアライバルを退所後、鈴木保奈美が
    木梨の代わりに副社長になったがその後
    石橋と離婚し鈴木保奈美もアライバルを退所。

    結局、石橋一人になってしまった。
    唯一、とんねるずとして残ってる番組は
    とんねるずのスポーツ王は俺だ!
    今後、とんねるずはどうなっていくのか?

    木梨の想いはいずれ石橋と久しぶりに
    音楽活動をしてライブをしたいと話してました。
    秋元康、後藤次利との付き合いは今も続いてるので
    お笑いで駄目なら音楽活動に専念するしか無いだろう。

    音楽としてのとんねるず、野猿、矢島美容室は
    人気がありましたからね。

    返信する
    0件の返信
  3. この記事は誰が書いてるの?主婦?
    とんねるずのお笑いがわかってたまるかいw
    そしてアンケート聞いたお笑い好きな男女25人にTNのお笑いが伝わらなくて残念。損してる。センスが問われる。
    その50人も腹から笑えてないんやろな今の時代。
    好きなこと言ったコメントとても面白かったよw

    既出の西のコンビのSっけある後輩や、先輩に対しての芸はなんも言われなくてTNのだけパワハラじゃおかしいやねw

    とんねるず最高

    返信する
    0件の返信
  4. 残念ながらとんねるずを使いたいと思うプロデューサーがいないだけ。とんねるずを好きな人だったら多少デメリットがあっても使いたいと思うでしょ。そういう人がいないんだよ。

    返信する
    0件の返信

あなたのコメントをどうぞ!